便利ツールを簡単入れ替え!

2019.10.02

Soundmap_サムネ_ツールの入れ替えアイコン編-01のコピー

 

みなさんこんにちは!お久しぶりのSoundmap社内コラムです。今回のコラムでは先日v1.3.0へのアップデートで追加された「ツールの入れ替えアイコン」についてご紹介します!

 

1.ツールの入れ替えアイコンとは?

2.実際に使ってみて

 

1.ツールの入れ替えアイコンとは?

 

Soundmapでは録音、保存した音源が「ノード」としてマップ画面に配置され、それらをマップ上で自由に動かし音の組み合わせのパターンをシンプルな操作で簡単に試せるのが魅力なので、マップ画面には完了、複数選択、設定ボタンと5つまでのツールアイコンしか表示されていません。

直感的に音楽編集を進めて行きたい方にとってこのシンプルさは非常に助かるのですが、「使いたいときに使いたいツールのアイコンが並んでいない!」となったときに不便さを感じてしまうのもまた事実です。

 

これまでのSoundmapではそんなときに、画面右上の設定ボタンを押して設定画面に切り替え、「アイコンの表示を編集」からマップ画面上に並べるツールを選択するしか方法がなかったため、せっかく良いアイデアを思いついたのに作業がピタリと止まってしまってストレスを感じていた方もいたかと思います。

 

v130コラム用①

 

 

そんなストレスを解消しようと、今回のアップデートで追加されたのが「ツールの入れ替えアイコン」です!

ツールアイコンの表示を編集する画面にすぐに飛べないのが煩わしいなら、すぐに飛べる機能自体をツールにしてマップ画面に並べてしまおう!という訳です。

 

 

v130コラム用②

 

 

操作を見比べていただければわかる通り、以前に比べてスムーズにツールの入れ替えができるようになりました。

 

2.実際に使ってみて

 

一見地味に感じる新機能「ツールの入れ替えアイコン」ですが、使ってみると意外と便利。あるのとないのとでは作業のしやすさが大違いです。

 

例えばメトロノームを使って録音し、それをマップ上で再生して確認しながら繋ぎ合わせて余計な部分は波形編集画面でトリムカットする、といった作業中には、作業を取り消してひとつ前の状態に戻したかったり、パートごとにノードの色を分けて管理したかったりと、頻繁にツールの入れ替えを行うことが多くなるので、ツールの入れ替えアイコンがあると非常に助かります。

 

 

おわりに

 

さて、いかがでしたでしょうか?Soundmapはユーザーのみなさまにとってより便利で楽しいアプリとなるよう、発売以来定期的なアップデートを繰り返して少しずつ進化しております!

Soundmapを購入検討してくださっている方は、今回のアップデートを機にSoundmapデビューしてみてはいかがでしょうか?

 

使い方を覚えられるか不安、どんな機能が搭載されているのかわからない!という方も大丈夫です!

過去のコラム記事で各機能について詳しくご紹介しています!

 

第1回:「はじめてのSoundmap」

第2回:「浮かんだ音楽のアイデアはすべて保存!見やすくわかりやすくマップで管理!」

第3回 :「サウンドメモが自然につながる」

第4回 :「バンドで使える!Soundmap」

第5回 :「サウンドメモの長さも音量も、あとから自由に変えられる!」

第6回 :「便利機能でもっと楽しくわかりやすく」

 

ぜひ、この社内コラムを読みながら、Soundmapをマスターしてしまいましょう!

APP STORE はこちら

Soundmap 紹介ページはこちら

Soundmap Howto動画 youtubeページはこちら

column_soundmap

利用規約
Copyright 2019 radius Co., Ltd. All rights reserved.