音質が良くなるって本当? iPhoneのイコライザ設定とは?

2018.11.21

29.iphone-equalizer

iPhoneで音楽を聴くときに設定できる「イコライザ設定」をご存知でしょうか。

イコライザ機能を使えば、よく聴く音楽ジャンルや接続するイヤホン、自分の好みに合った音質を設定できます。

プリセットされている音質設定から好みのものを選ぶだけなので操作も簡単です。

試しにイコライザ設定を変えてみたいという人に向けて、その設定方法を解説します。

イコライザとは?

イコライザとは、低音、中音、高音のバランスを調整することで音の印象=「音質」を変えられる機能のことです。

もともとイコライザ(Equalizer)という言葉には、録音された際の本来の音に戻す、つまりイコールにするという意味があるのですが、ここから音の周波数特性を調整する機能という意味で使われるようになりました。

音響機器やオーディオ機器のイコライザは、音声信号の特定の周波数帯域を変更する機器のことです。

iPhoneの「ミュージック」アプリにも、オーディオ機器における再生時用のイコライザに似たイコライザ機能が備わっています。

この機能を使うと、特定の周波数帯域の強調または抑制をすることで、全体の音のバランスを調整できます。

イコライザの設定方法

iPhoneの「ミュージック」アプリのイコライザは、ミュージックを起動している画面からは設定できません。

設定は以下の手順で行いましょう。

1.「設定」をタップ

まずiPhoneの「設定」アプリをタップして起動します。

2.「ミュージック」をタップ

設定のリストの中から「ミュージック」を選んでタップしましょう。

3.「ミュージック」の再生の中から「イコライザ」をタップ

ミュージックの「再生」という項目の中に「イコライザ」があります。

これをタップします。

4.音質を選択

「イコライザ」には「オフ」の他、さまざまな種類の音質設定がリストアップされています。

この中から好きなものをタップして選択すれば設定完了です。

まずはここから! おすすめのイコライザ

iPhoneの「イコライザ」にプリセットされている音質設定は23種類。

あらかじめチューニングされている設定を、音楽の傾向や嗜好、目的に合わせて選べるようになっています。

まず大まかにどんな基準で音質設定を選べば良いのかを見てみましょう。

1.ボーカルをより鮮明に聞きたい場合は『Pop』や『Vocal Booster』

ボーカルをくっきりと際立たせたければ、ボーカルがよく聴こえる『Pop』、もしくはそのものズバリの名前がついた『Vocal Booster』を選んでみましょう。

『Pop』はポップス向けに中音が強調された設定で、そのためボーカルがよく聴こえます。

『Vocal Booster』も似ていますが、もっと極端に中音が際立つので、歌詞を聴き取りたいときなどに利用すると良いでしょう。

さらに、Podcastなどでトークコンテンツを聴く際は、声がよく聞き取れる『Spoken Word』が適しています。

2.自分のよく聴く音楽ジャンルで設定したい場合は『Rock』や『Hip Hop』など

よく聴く音楽ジャンルが決まっているなら、そのジャンル向けの設定を選ぶ方法もあります。

『Rock』はほどよく低音と高音が強調された設定、『Hip Hop』は低音・中音・高音がそれぞれ強調された設定になっています。

他にも『Jazz』や『R&B』、『Electronic』、『Latin』などが用意されています。

3.メリハリを抑えて静かに聞きたい場合は『Late Night』

夜遅い時間帯をイメージしたと思われる『Late Night』のような設定もあります。

全体のメリハリが抑えられ、夜寝る前にふさわしく低音が抑えられたやさしい印象のセッティングになっています。

この設定はiOS6から搭載されたもので、時間帯やムード別の設定なども今後、増えていくかもしれません。

機器別!おすすめのイコライザの音質

iPhoneにどんなイヤホンやスピーカーを接続して音楽を聴くかによってもマッチする音質設定は異なります。

おすすめの組み合わせをご紹介しましょう。

1.カナル型イヤホンを使う場合は『Treble Reducer』

カナル型イヤホンを使うとき、高音部が響きすぎて軽い印象だと感じる人は、『Treble Reducer』を試してみてください。

『Treble Reducer』は高音部を抑えることで低音・中音が強調されるセッティングです。

音質が良くなったと感じる人も多いでしょう。

2.コンパクトスピーカーを使う場合は『Small Speakers』

小さなスピーカーだと低音部の迫力が物足りないというときは、『Small Speakers』を選んでみましょう。

低音がプッシュされて、コンパクトスピーカーの弱点を補ってくれるはずです。

3.ヘッドホン、スピーカーを使う場合は『Flat』

『Flat』はすべての周波数帯域の設定を0dBにした音質設定です。

高級ヘッドホンやスピーカーを接続する場合はむしろ、ありのままの音で再生するためにこの何もしない設定を選ぶことをおすすめします。

音質重視の方におすすめのBluetoothイヤホンはこちら

HP-V700BT

完全ワイヤレスが辿り着いた究極の高音質、迫力の重低音。

評価が高い「VOLTシリーズ」に待望の完全ワイヤレス、ラディウスの象徴ともいえる”重低音”に非常に優れたサウンドを放ちます。

完全ワイヤレスイヤホンながらも圧倒的な重低音のキレと迫力を実現し、 高音質かつダイナミックなサウンドをご体感できるフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンです。

HP-T200BT

ラディウス HP-T200BT ノイズキャンセリング対応 完全ワイヤレスイヤホン

最小クラスのノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホン。

ラディウスの「tinyシリーズ」の最新製品で、高音質かつフィット感抜群です。

コストパフォーマンスにも優れた超人気モデル。

HP-NX30BT

ラディウス HP-NX30BT FLW構造ドライバー搭載 ワイヤレスイヤホン

高音質コーデックのaptXに加え、次世代低遅延コーデックのaptX LL(Low Latency)に対応、ドライバー部には独自技術のFLW構造ドライバーを搭載することにより、深い低音域から繊細な高音域まで広い音場の再生可能なラディウスの中でも人気イヤホンです。

HP-R100BT

ラディウス HP-R100BT LDAC aptX HD対応 ワイヤレスイヤホン

6種の多種多様なコーデック対応に対応し、LDACやaptX HDを使用することで、ワイヤレス接続でハイレゾ相当の高音質を再生することができます。

HP-NX500BT

Qualcomm社の「QCC3020」を採用し、ワイヤレス接続時の安定性の向上、音切れを極力少なくなるように設計された完全ワイヤレスイヤホン。

ドライバー部にFLWドライバーを搭載し、フラットで艶のある音質が特徴、音楽鑑賞だけではなく、映像鑑賞にも適しています。

また、マイクが付属しており、映像鑑賞やオンライン会議にも適しています。

まとめ

ラディウスのハイレゾ再生対応のミュージッックプレイヤーアプリ「NePLAYER」「NePLAYER Lite」には、さらに詳細なイコライザ設定(グラフィックイコライザーやスプライン設定など)を搭載しています。

こちらもぜひご利用ください。

[NePLAYER  / NePLAYER Lite]

スクリーンショット 2018-11-21 11.47.31