完全ワイヤレスイヤホンを使ってわかるメリット・デメリット

2018.12.19

1.wireless-earphone-merit_TOP

 

以前はコードがあるイヤホンが主流でしたが、今ではBluetoothで接続するワイヤレスイヤホンが当たり前の時代となり、数多くのワイヤレスイヤホンが発売されています。たくさんのイヤホンが発売されているので、自分にぴったりなイヤホンを選ぶだけでも一苦労です。音楽をより身近で手軽に聴きたいという人は特に、イヤホン選びで迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ラディウスの社内スタッフのおすすめとして、当社が11月から発売している新商品、完全ワイヤレスイヤホン[HP-T100BT] を実際に使ってみて、そこから得たメリットやデメリットを中心に詳しくご紹介します!ぜひ、イヤホン選びの参考にしてみてください。

 

ラディウスの完全ワイヤレスイヤホンの『HP-T100BT』とはどんなイヤホン?

 

まずは、HP-T100BTの特徴を紹介します!

 

ワイヤレスイヤホンと一口で言っても、左右のイヤホン同士がコードなどでつながっているものと、コードが一切ない完全ワイヤレスイヤホンの2種類があります。こちらのHP-T100BTは、コードが一切ない完全ワイヤレスイヤホンに該当する商品です。

 

そんなワイヤレスイヤホンで気になるポイントとは、「何時間音楽を聴けるのか」ではないでしょうか。HP-T100BTは1回の充電でなんと最大4時間30分も音楽を連続再生することができます。こんなに長い時間を楽しむことができるのであれば、外出先でもずっと音楽が楽しめそうです。

また、汗や雨に強いIPX4仕様である点も特徴です。スポーツ中などの汗をかきやすいシーンや雨天時でも、HP-T100BTならば故障しにくいため、安心して使うことができます。

さらに、ケースが充電器となっている点も嬉しいポイント。ケースにバッテリーを搭載しているので、外出先で突然ワイヤレスイヤホンの充電が切れてしまった場合でも、ケースさえあればすぐに充電が可能です。見た目はとてもシンプル&コンパクトなので、どんなコーディネートやシーンで使用しても使いやすいデザインになっています。

 

1.wireless-earphone-merit_1

 

 

1.wireless-earphone-merit_2

 

 

完全ワイヤレスイヤホン『HP-T100BT』の使い方!

 

HP-T100BTは完全ワイヤレスタイプとなっているため、邪魔になりがちなコードやケーブルがありません。音楽プレーヤーやiPhoneを含むスマホとBluetoothでペアリング設定をするだけで簡単に使用することができます。

ペアリング設定と聞くと難しく感じてしまうかもしれませんが、決して難しくありません。イヤホンについているボタンと機器側(スマホなど)の操作のみで、すぐに接続設定が可能です。これならば、機器の設定を苦手に感じている人でも問題なく操作できるので、年代を問わず使いやすい完全ワイヤレスイヤホンになっています。

 

詳しいペアリング方法はこちら!

 

また、1度ペアリング設定をしてしまえば、2回目以降はイヤホンをケースから取り出しただけで勝手にペアリングが開始されますので面倒な操作は必要ありません。イヤホンをケースから取り出して耳に装着するだけでOK。無駄なボタンもついていないので、シンプルで使いやすさが光るイヤホンです。

 

 

1.wireless-earphone-merit_3

 

 

完全ワイヤレスイヤホン『HP-T100BT』を使ってわかったメリット

 

HP-T100BTを箱から出したときの第一印象は「見た目より軽い!」でした。手に取ってみるととても軽く、実際装着してみても全然重くなかったのでびっくりしました。いままで使用していたイヤホンよりもイヤーフックが柔らかく、フィットしているので、髪をかきあげた際に耳からイヤホンが外れてしまうなどのトラブルも起こりませんでした。

 

HP-T100BTを実際に使ってみてわかったメリットとして最初に挙げたいのが、その音質のよさです。Bluetoothイヤホンだと有線タイプのイヤホンに比べてどうしても音質が落ちてしまうイメージがありますが、HP-T100BTはまるで有線イヤホンで聞いているかのような安定感がある上に、音の広がりや深さ、臨場感を感じることができます。これならば、さまざまなジャンルの音楽を心ゆくまで存分に楽しむことができそうです。

 

また、長時間装着しても快適な点もメリットに感じます。生活の中の色々な場面で、イヤホンにケーブルがないことが予想以上に快適さを感じさせてくれます。スポーツやランニング、トレーニングの際に使うもよし、料理中や仕事中に使用するにも便利です。さらに、防滴仕様( IPX 4)のため雨天時でも安心して使えることも魅力の1つとなっています。

 

長時間の外出中にもHP-T100BTを使用してみました。先ほどご紹介したように、HP-T100BTは最大4時間30分連続して音楽を楽しむことができるので、バッテリーを気にする事なく、外出中ずっと音楽を楽しむことができました。途中、電話がかかってきた時は慌てましたが、HP-T100BTはハンズフリー通話にも対応しているので、きちんと電話を受けることもできました。

 

今回は、充電が切れずに音楽を楽しむことができましたが、旅行などで長時間利用する場合には、充電が持つかどうか心配になってしまいますよね。ですが、HP-T100BTはケースさえあればいつでもどこでも充電できるため、ワイヤレスイヤホンにありがちな「音楽を聞いている途中でバッテリーが切れてしまう」という、心配をしなくてもいいのが一番のメリットに感じました。ケースがフル充電されていればイヤホンに5回分の充電をすることができます。

 

1.wireless-earphone-merit_4

 

 

完全ワイヤレスイヤホンを使ってわかったデメリット

 

実際にHP-T100BTを使ってみたときに不安におもった点は、ワイヤレスであるがために、イヤホンをなくしてしまわないか心配でした。特に、使わないときにどこかへ置いて片方だけなくしてしまわないか不安な点でした。

 

しかし、HP-T100BTの場合はケース付きなので、使った後すぐにケースに戻せば無くさないという大きな安心感を与えてくれました。このケースがあれば、なくす心配は大幅に軽減されることでしょう。そう考えると、イヤホンをなくす不安はHP-T100BTのデメリットとはならないのかもしれません。

 

使用感においては、自分の耳にフィットさせるのに少し手間取ってしまいました。耳の形や大きさは人それぞれのため、イヤホンを耳にしっかりとフィットさせるにはコツがいります。ですが、手間取ったのは最初だけで一度フィットする角度を見つけてしまえば次からはあまり気になることはありませんでした。

 

1.wireless-earphone-merit_5

 

完全ワイヤレスイヤホンHP-T100BTはデメリットなく使える!

 

完全ワイヤレスイヤホンであるHP-T100BTは、充電が可能な専用ケースがセットとなっています。小さい機器である完全ワイヤレスイヤホンはなくしてしまう可能性が高いというデメリットがあるものですが、使用した後はきちんとケースに入れておくことで、紛失防止になるうえに簡単に充電もできます。これならば、特にデメリットなしで使っていけそうです。

 

もし、「完全ワイヤレスイヤホンは充電持ちが気になる……」や「無くさないか心配」と思っていて、購入を迷っている場合は音質も充電持ちなどの使い勝手も優れているHP-T100BTの購入を検討してみてください!

 

ラディウスの完全ワイヤレスBluetoohイヤホン[HP-T100BT]の詳しい仕様についてはこちら!

 

key4_hpt100bt

利用規約
Copyright 2018 radius Co., Ltd. All rights reserved.