iPhoneにイヤホンを接続しても音が出ない、認識しない場合の対処法

2.

iPhoneにイヤホンを接続して音楽などを聞いている際に音が出なくなってしまったら、イヤホンの故障や不具合を疑う方が多いのではないでしょうか。

しかし、iPhoneではさまざまなアプリを使用しているため、そのアプリが原因であるなど、音が出ない原因が一概にイヤホンにあるとは言い切れません。

ここではiPhoneにイヤホンを接続しても音が出ない、認識しない場合の対処法についてご紹介したいと思います。

iPhone本体の設定に問題がある場合

さっきまで音が出ていたにも関わらず、突然音が出なくなった場合は、iPhone本体やアプリの不具合、接続不良の可能性が考えられます。まずは下記の項目をチェックしてみてください。

音量を上げてみる

初歩的なことですが、意外に気づかないことも多いのが音量0になっているケース。

何かの拍子に音量が0になってしまったり、マナーモードやミュートにしてしまったりすることもありますので、ボリュームボタンを押して音量を上げてみることを試してみてください。

起動している他のアプリを停止する

iPhoneでは複数のアプリをバックグラウンドで起動できるため、アプリの種類や設定によっては、他のアプリが原因で音が出なくなっている可能性があります。

ホームボタンを2回タップしてマルチタスクを表示(iPhone Xの場合は画面下部から上にスワイプ)し、他のアプリを指で上にスライド(iPhone Xの場合は表示されたアプリ画面を長押し)して終了させましょう。

それでも音が出ない場合は、そのアプリ自体も一度終了させて再起動してみてください。

Bluetooth接続を確認する

最近ではBluetooth接続ができるアイテムも増え、腕時計やカメラ、スピーカーなどとスマートフォンを無線接続できます。

他のデバイスとBluetooth接続をしてしまうと、音声がそちらに流れてしまい、場合によってはイヤホンから音が出なくなるケースがあります。

コントロールセンターを開いて、Bluetooth接続を確認してみましょう。

音声出力先を確認する

音声出力先がイヤホンになっているかを確認しましょう。

Bluetooth以外に、AirMac ExpressなどWi-Fiを使った無線機器を使っている場合も、そちらが優先されてイヤホンから音が出ないことがあるためです。

Bluetooth関連の機器と合わせて確認しましょう。

ミュージックのコントロールセンターを下から上に引っ張り上げ、出力先の項目でヘッドホンにチェックが入っているか確認してみてください。

iPhone本体を再起動してみる

上記の項目を試してみても音が出ない場合は、一度iPhone本体を再起動してみましょう。

再起動しても音が出ない場合はもう一度上記の項目を試してみて、それでも改善しない場合はイヤホン本体の不具合が考えらます。

イヤホンに問題がある場合

iPhoneがイヤホンを認識しないのがイヤホン本体の問題かどうかを手軽にチェックする方法としては、他のイヤホンを接続してみて試すのがおすすめです。

音が聞こえたらイヤホン側に問題がある可能性が高いと言えます。

イヤホンがない場合は、周りでiPhoneを持っている人に、自分のイヤホンを接続させてもらう方法もよいでしょう。

下記の項目もチェックしてみてください。

イヤホンジャックに付いたゴミなどを除く

イヤホンジャックが汚れたり、異物が入ったりすることで正しく接続されないことがあります。

イヤホンジャックの汚れやゴミを取り除きましょう。

差し込む側の端子は布で拭いて汚れを取り、差し込まれる側の端子はエアダスターや先の尖った綿棒などで掃除を行いましょう。

断線などイヤホンの故障なら修理か買い替え

イヤホンジャックを掃除しても音が出ない場合、断線や破損などの故障が考えられます。

この場合は修理か買い替えになりますが、高級機か保証期限内でない限り修理は割に合わない可能性もありますので、買い替えも検討しましょう。

イヤホンの片方からしか音が聞こえないのは?

場合によってはイヤホンの片方からしか音が出ないこともあります。

真っ先に片方のケーブルの断線を疑いますが、まずは下記の項目を試すようにしてください。

音量バランスを調節する

iPhoneでは右と左で音量のバランスを調整する機能がついています。

普段触ることが少ない設定項目の1つですが、万が一の可能性があるのでチェックしてみてください。

設定方法としては、設定アプリの「一般」から「アクセシビリティ」を選び、左右チャンネルのオーディオ音量バランスを調整する項目があるので、それが一方に偏っていないか確認してみてください。

また、オーディオ再生アプリによっては、これ以外の設定でバランスを調整できる場合がありますので、同様に確認してみましょう。

断線が原因なら修理か買い替え

片方しか音が聞こえない場合、他のイヤホンを接続して確認し、そちらでは両方から音が出るようなら断線による可能性が高いと言えます。

断線の場合は修理か買い替えを検討しなければなりません。

近年ではBluetooth接続ができる無線タイプのイヤホンも発売されていますので、買い替え時には検討してみてください。

断線の心配も少なく、ケーブルが絡みにくいメリットがあります。

こちらでおすすめのBluetooth対応のワイヤレスイヤホンをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめのBluetoothイヤホン

HP-T200BT

ラディウス HP-T200BT ノイズキャンセリング対応 完全ワイヤレスイヤホン

最小クラスのノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホン。

ラディウスの「tinyシリーズ」の最新製品で、高音質かつフィット感抜群です。

コストパフォーマンスにも優れた超人気モデル。

AACコーデックに対応しており、iPhoneをお使いの方にオススメの完全ワイヤレスイヤホン。

HP-E50BT

装着感にこだわった「 Fine Fit Design 」を採用。

男女問わず使えるデザイン、完全ワイヤレスイヤホンの中でも接続性が良く、AACコーデックに対応しています。

iPhoneをお使いの方にオススメの完全ワイヤレスイヤホン。

HP-NX20BT

ラディウス HP-NX20BT FLW構造ドライバー搭載 ワイヤレスイヤホン

高音質コーデックのaptXに加え、次世代低遅延コーデックのaptX LL(Low Latency)に対応。

ドライバー部には独自技術のFLW構造ドライバーを搭載することにより、低音域から高音域まで広く、透き通るような音場の再生可能。

ラディウスの中でも人気シリーズのイヤホンです。

HP-NX500BT

高音質コーデックのaptXに対応。

Qualcomm社の「QCC3020」を採用し、ワイヤレス接続時の安定性の向上、音切れを極力少なくなるように設計された完全ワイヤレスイヤホン。

ドライバー部にFLWドライバーを搭載し、フラットで艶のある音質が特徴、音楽鑑賞だけではなく、映像鑑賞にも適しています。

まとめ

iPhoneに接続したイヤホンのトラブルはさまざまな要因があり、まずは上記内容を試してみましょう。

もしイヤホンの故障により認識しないといった場合には、無線接続できるイヤホンへの買い替えも検討してみましょう。

Lightningイヤホンを検討の方へオススメの記事はこちら

>>iPhoneのイヤホンジャックが廃止された理由とは?

>>最近バッテリーの減りが早い…iPhoneの充電を長持ちさせる方法