iPhone7以降のiPhone用イヤホンの使い方とメリット

2019.01.09

image1

 

毎年新機種が発売されるApple社のiPhoneですが、ここ数年での大きな仕様の変更といえば、2016年に発売されたiPhone7以降イヤホンジャックがなくなったことではないでしょうか。今まで当たり前のようについていたイヤホンジャックがなくなったことで、音楽などを楽しむ方法も変わりつつあります。

 

この大きな変化には戸惑いを感じた方も多かったのではないでしょうか。

 

そこで、ラディウスの社内スタッフが、ラディウスから発売されているiPhone7以降のiPhone用イヤホンどのようなものを使えばよいのか、その使い方とメリットをご紹介します。

 

 

iPhone7以降で音楽を聴く場合、どんなイヤホンが使える?

 

iPhone7以降の機種では、イヤホンジャックの代わりにLightning端子もしくはBluetoothイヤホンを使って音楽を聴くことになります。

ただし、接続する端子が変わるだけでイヤホンの基本的な使い方は変わりません。

 

Apple社はイヤホンジャック廃止の理由を公にはしていませんが、イヤホンジャックの廃止によりカメラの性能やバッテリー容量のなどのスマホ全体の性能や使い勝手は向上を狙ったものと推測されます。

 

iPhone7より以前のiPhoneに搭載されていたφ3.5mmのイヤホンジャックは、アナログ出力でした。これがLightning端子を使用することにより、デジタル出力が可能になりました。

 

デジタル処理が可能になることで、iPhoneはより効率的に情報を処理できるうえに、音質も向上するというメリットがあります。

 

イヤホンジャック廃止については、こちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

image2

 

iPhone7以降のiPhone用イヤホンの使い方

iPhone7以降で使えるLightningイヤホンとは、イヤホンプラグがLightning端子(オス)

に置き換わったイヤホンを指します。Lightning端子を搭載したiPhoneやiPadでできます。

 

使い方は簡単で、イヤホンジャックにイヤホンを接続するのと同様に、iPhoneのLightning端子(メス口)にLightningイヤホンのLightning端子(オス)を接続するだけで、設定などは必要ありません。また、Lightning端子に直接イヤホンを接続するため、無線のBluetoothのように音声の途切れや遅延がないこともメリットです。

 

また、Lightningイヤホンは、多機能リモコンを搭載しているモデルも多数販売されています。ラディウスから発売しているHP-NHL21もイコライザーやサラウンドの操作ができる多機能リモコンを搭載しています。小型ながら便利に使える多機能リモコンは、とてもシンプルな作りとなっていることがほとんどです。無駄なボタンがないのでわかりやすいことも魅力といえます。

 

リモコンではボリュームのアップダウンや曲の再生・停止、曲送りや曲戻し、早送りや早戻しが可能です。ボタンにはそれぞれ音量操作のためのプラスやマイナス、再生や一時停止のマークがあるので、パッと見て感覚的に操作できます。また、着信時の受話や終話にも使えるほか、Siriの起動や操作も可能です。いちいちiPhoneを取り出さなくても、手元のリモコンで操作できてしまうのでとても便利です。

 

 

ラディウスのLightningイヤホン「Pure Standard Lightning Series」の特徴

 

ここまで、Lightningイヤホンの使い方について説明をしましたが、今度はラディウスから発売されている「Pure Standard Lightning Series」のイヤホンを実際に使用しつつ特徴をご紹介します!

 

「Pure Standard Lightning Series」の特徴

ラディウスの「Pure Standard Lightning Series」では、「Pure Flat HP-N100L」「EXTRA Clear HP-N200L」「ULTIMATE Solid HP-N300L」の3種類をご用意しています。

 

全体的な特徴として、アダプター無しで機器に直接接続できるLightning端子搭載イヤホンなので、見た目がすっきりしています!また、有線イヤホンなのでBluetoothイヤホンと、比較すると遅延が少なく、iPhoneの充電さえあればイヤホン側のバッテリーを充電しなくてもいいなどのメリットもあります。

 

また、3種類すべてにディープマウントイヤーピースと呼ばれる、イヤーピースを搭載しています。独自形状のディープマウントイヤーピースは従来型とは異なり、耳のより奥でイヤーピースがフィットする仕様になっているため、耳にやさしい装着感と豊かな低音再生を実現することが可能になっています。

 

もちろん、マイク搭載多機能リモコン付きです!iPhoneで音楽を聴いていて、電話がかかってきてもiPhoneを取り外さず、すぐに通話に応対することができます。

 

 

Pure Flat HP-N100Lの特徴!

 

image3

 

 

Pure Flat HP-N100Lは、φ8.8mmの小型ドライバーを搭載したイヤホンです。他のPure Standard Lightning Seriesよりも、耳が小さめな人でも気持ちよくフィットして高音質を楽しむことができるイヤホンです。

リングレスダイアフラムボンディング方式を採用していることも特徴で、従来の同径のイヤホンに比べるとよりパワフルな音を楽しめるようになっています。

 

小型なイヤホンなので、音質が良くないかも……?と心配されるかもしれませんが、そこはご心配なく!ほかのEXTRA Clear HP-N200LやULTIMATE Solid HP-N300Lにも劣らず、音楽を楽しむことができました!

 

また、カラーバリエーションも多く、定番のブラック(HP-N100LK)だけではなく、レッド(HP-N100LR)に加え、ホワイト(HP-N100LW) 、ピンクゴールド(HP-N100LN)の4色があり、男性にも女性にもおすすめの商品です!

 

Pure Flat HP-N100Lのもっと詳しい情報を知りたい方は、こちらの情報をご覧ください。

 

EXTRA Clear HP-N200Lの特徴!

 

image4

 

 

EXTRA Clear HP-N200Lは、φ10.4mmダイナミックドライバーを搭載したイヤホンです。高解像度Hi-Flatサウンドが実現でき、リングレスダイアフラムボンディング方式ドライバーを採用していることで豊かな高音質を実現しています。中音域もクリアに聞こえるので、細部までしっかり音楽を楽しみたい人におすすめです。

 

私は音楽をiPhoneで女性ボーカルの曲を楽しむことが多いのですが、このXTRA Clear HP-N200Lを使用していつも聞いている曲を聴いたところ、とてもクリアに聞こえました。この3種類のイヤホンの中では一番のお気に入りです!

 

EXTRA Clear HP-N200Lのもっと詳しい情報を知りたい方はこちらの情報をご覧ください。

 

ULTIMATE Solid HP-N300Lの特徴!

 

image5

 

 

低音を楽しみたい場合には、ULTIMATE Solid HP-N300Lがおすすめです。ULTIMATE Solid HP-N300Lはφ13mmの大型ダイナミックドライバーを搭載しており、ダブルプレシジョンアコースティックレジスター構造とリングレスダイアフラムボンディング方式によって、高解像度再生で深みのある低音とソリッドな音像を再現できるイヤホンです。

 

イヤホンの低音モデルにありがちなのですが、「低音だけ」を強調するのではなく、低音を意識しつつ、ボーカルをつぶさないように音を出してくれます!「ドンドン」という響きというよりは、「ズンズン」といった響きを感じられました。

ただ、アイドルユニットなどの、ボーカルが複数人いる合唱のような曲にはちょっと向かないかな?と思いました。

 

ULTIMATE Solid HP-N300Lのもっと詳しい情報を知りたい方はこちらの情報をご覧ください。

 

ラディウスでは、今回紹介した、Pure Standard Lightning Seriesの他にもたくさんのLightningイヤホンを取り揃えています。

 

Lightningイヤホンにはメリットがたくさんあるので、この機会に新しいお気に入りイヤホンを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

その他のイヤホンについては、iPhone専用イヤホン一覧ページで確認してみてください。

利用規約
Copyright 2018 radius Co., Ltd. All rights reserved.