iPhoneから音が出ない! 主な原因と対処法

34.iphone-no-sound

iPhoneを使っていると、まれに本体のスピーカーやイヤホンから音が出ないというトラブルに遭遇することがあります。

そんなとき、どのような原因が考えられるのか、対処法とあわせて解説します。

iPhoneから音が出なくなってしまったときに先に行ったほうが良いこと

iPhoneから音が出なくなってしまったら、まず本体から音が出ないのか、イヤホンから音が出ないのかを確かめましょう。

本体からイヤホンを抜いた状態で「ミュージック」アプリを起動して楽曲をプレイし、本体のスピーカーから音が出れば、イヤホンから音を出す機能や、イヤホンとの接続状態、もしくはイヤホン自体に問題があるはずです。

そのイヤホンを他のオーディオ機器やスマートフォンに接続して音が聞こえなければ、さらにイヤホン自体に不具合がある確率は高くなります。

逆に、イヤホンを他のオーディオ機器やスマホに接続すると音が聞こえるのであれば、iPhone側に問題がある可能性大ということになります。

iPhone本体から音が出ない場合の原因と対処法

イヤホンを接続していないのにiPhone本体のスピーカーから音が出ない場合、iPhone本体の不具合以外に、次の状態になっている可能性があります。

チェックしてみましょう。

1.サイレントモード(マナーモード)になってしまっている

iPhoneがサイレントモードになっている可能性があります。

サイレントモードのオン/オフはiPhone本体の側面の「着信/サイレントスイッチ」で切り替えられます。

スイッチ部からオレンジ色が見えていたらサイレントモードになっています。

ただしiPhoneでは、着信、操作音、一部アプリの音などサイレントモードで聞こえなくなりますが、「ミュージック」アプリで音楽を再生すれば音が聞こえます。

他にアラーム、シャッター音、動画再生音なども聞こえる仕様になっています。

2.音量レベルが最小になってしまっている

音量ボタンを操作するなどして音量レベルを最小にして「消音」にしていると、「ミュージック」アプリで音楽を再生しても音はまったく聞こえません。

ボリュームを上げて音が聞こえるかどうか試してみてください。

3.Bluetoothイヤホンやスピーカーにつながってしまっている

iPhoneがBluetoothイヤホンと接続しているのにそのことに気づかず、音が出ないと勘違いをしている場合があります。

実際にはBluetoothイヤホンから音が出ています。

あるいはBluetoothのスピーカーやスマートウォッチなどのデバイスとつながっている可能性もあります。

Bluetoothがつながっていないか、念のため確認してください。

iPhoneの設定から「Bluetooth」を選ぶと接続状態や接続しているデバイスを確認でき、つながっている場合は接続を解除できます。

iPhoneにイヤホンを接続しているときに音が出ない場合の原因と対処法

イヤホンやヘッドホンを接続していて、iPhoneの「ミュージック」アプリなどで音楽を再生してもイヤホンなどから音が聞こえてこない場合は、次のような状態になっている可能性があります。

1.イヤホンがiPhoneに認識されていない

何らかの原因でイヤホンがiPhoneに認識されていないことがあります。

ミュージックで楽曲を選び、一番下の真ん中にあるアイコンをタップすると、現在、何が音声出力先に選ばれているかが確認できます。

イヤホンにチェックが入っているかどうかを確認しましょう。

イヤホンを接続しているのにiPhoneにチェックが付いているときはイヤホンが認識されていないことを示しています。

その場合、iPhoneを再起動してみるとイヤホンを認識するようになることがあります。

2.イヤホンが断線してしまっている

他のイヤホンをiPhoneに接続したら音が聞こえたという場合は、音の聞こえなかったイヤホンのハードウェア的な不具合が考えられます。

有線のイヤホンの場合、最も多いのはコードの断線です。

イヤホンの片方だけ聞こえなくなったという場合も、ステレオミニプラグの内部などで断線が起きていることがよくあります。

この場合、プラグを取り替えるなどの修理で断線が直る可能性もあります。

思い切って買い替えてしまうという場合は、断線の心配がないBluetoothイヤホンに乗り換えるのも一つの方法でしょう。

3.イヤホンジャックもしくはLightningコネクタが目詰まりをしている

イヤホンがiPhoneに認識されない場合、イヤホンジャックの穴、もしくはLightningコネクタに接続するタイプのイヤホンならLightningコネクタの穴の中に、ほこりやゴミが入り込んで目詰まりしていることがあります。

目詰まりすると接触不良が起こって音が聞こえなくなります。

穴を懐中電灯とルーペなどを使って覗き込んでみると目詰まりしているのがわかる場合もあります。

爪楊枝などを使って取り出すのも可能ですが、慎重にやらないと本格的に故障し、部品を取り替えるしかなくなるので注意してください。

上記を試してみても音が出ない場合には……

iPhoneのソフトウェア的な不具合なら、前出の再起動(電源のオフ→オン)の他、iCloudまたはiTunesを使ってバックアップから「復元」をすると修復されることがあります。

またiOSのアップデートを怠っていた場合には、復元を試みる前にアップデートを実行しましょう。

それだけで不具合が解消されるかもしれません。

もしこれらを試してもなお音が出ない場合は、Appleのサポート窓口に連絡して修理に出すしかないといったこともあります。

ラディウスおすすめのワイヤレスイヤホンはこちら

HP-E50BT

装着感にこだわった「 Fine Fit Design 」を採用。

男女問わず使えるデザイン、完全ワイヤレスイヤホンの中でも接続性が良く、AACコーデックに対応しています。

iPhoneをお使いの方にオススメの完全ワイヤレスイヤホン。

HP-F100BT

ネックバンド型でフィット感に優れるBluetoothイヤホンです。

価格帯も高くなく、コストパフォーマンスに優れたモデル。

HP-NX20BT

ラディウス HP-NX20BT FLW構造ドライバー搭載 ワイヤレスイヤホン

高音質コーデックのaptXに加え、次世代低遅延コーデックのaptX LL(Low Latency)に対応、ドライバー部には独自技術のFLW構造ドライバーを搭載することにより、低音域から高音域まで広く、透き通るような音場の再生可能なラディウスの中でも人気シリーズのイヤホンです。

まとめ

以上、iPhoneから音が出ないというときの考えられる主な原因と対処法をまとめてみました。

なぜ音が出ないのか、機器の取り扱いには注意しつつ、一つひとつ試しながら原因を特定してみてください。