iPhoneのイヤホンジャックが廃止された理由とは?        

2018.05.30

3.iPhoneのイヤホンジャックが廃止された理由とは?

次々と新しいモデルが発売され、非常に多くの人が使っているiPhone。

そのiPhoneが、iPhone7以降イヤホンジャックを廃止しました。

今回はイヤホンジャック廃止の理由とその影響について説明していきたいと思います。

イヤホンジャックとは?

イヤホンジャックとは、スマートフォンやタブレット、携帯ラジオやデジタルオーディオプレイヤーなどでヘッドホンやイヤホンを使って音声を聞く場合にそれらを接続するための端子のことを指します。

イヤホンジャックには3種類の口径(φ2.5mm、φ3.5mm、φ4.4m)が存在し、皆さんがよく目にするものはφ3.5mmのもので音の出るAV家電やゲーム機などほとんど全てについています。

またφ2.5mmは一部のポータブルヘッドホンアンプやポータブルオーディオプレイヤーについており、φ4.4mmは近年規定された新規格で、よりクリアな音質が期待でき、高級イヤホンなどに使われています。

Appleがイヤホンジャックを廃止した理由とは?

では、どうしてiPhone7以降、イヤホンジャックを廃止したのでしょうか。

理由はiPhoneの限られたスペースを最大限に活用しつつ、カメラ性能、手ブレ補正機能、バッテリー容量の向上などを実現するための解決策であると言われています。

c3_ins1

3.5mm口径イヤホンジャックはアナログ出力ですが、今回のiPhoneのLightningコネクタはデジタル出力という違いがあります。

iPhone内部はデジタル信号で動いているため、情報量に関わらず全てをデジタル信号で処理したほうが無駄が減ります。

そのため従来よりも多くの情報量を転送する事ででき、音質については優位性があります。

イヤホンジャック時よりも構成する部品が少なくなれば、その分スリムにできますし、他の機能(カメラやバッテリーなど)に力を入れることもできるというわけです。

つまり、Appleは正式な発表をしていませんが、iPhoneの機能性を向上させる為にイヤホンジャック廃止に踏み切ったことが考えられます。

このイヤホンジャック廃止により、iPhoneはさらに高機能化した端末へと進化したと言うことになります。

イヤホンジャック廃止のメリット

では次に、イヤホンジャック廃止のメリットについて説明していきます。

1.小型軽量化、薄型化

イヤホンジャックを取り除くことで、その分のスペースが空き、機器も必要なくなる為、小型軽量化、薄型化することができます。

またスペースが空く事で、イヤホンにノイズキャンセリング機能の搭載をしやすくなるという副次的なメリットも生まれました。

2.防水性の向上

今までではイヤホンジャックと充電口の2つの穴が開いていました。

しかし、イヤホンジャックがなくなったことにより、本体の穴の数が1つ分減ったため、その分だけ本体に入る水の量が減ります

よって、防水性をさらに向上させることができます。

3.バッテリーの持続性の向上

スペースが空くということは、その分でバッテリー容量がより大きいものを搭載することができます。

そのため、バッテリー持続時間をより長くすることができます。

4.カメラ性能の向上

より性能の良いカメラは、より大きいものであるため、スペースが空いた分、カメラもより良いものを搭載できるようになりました。

c3_ins2

イヤホンジャック廃止のデメリット

では、次にイヤホンジャック廃止によるデメリットについて紹介します。

1.機種変更前の有線イヤホンがそのまま使えないケースがある

イヤホンで主流となっているφ3.5mmのイヤホンとは差し込みの型が合わないため、そのまま使用することができません。

例えば、iPhone6からiPhone7に機種変更をした場合、iPhone6時に使用していた有線イヤホンはiPhone7に接続ができないため、使用するには、LightningケーブルとiPhone7以降に付属され3.5mm口径イヤホンジャックの変換ケーブルが必要となります。

2.ワイヤレスイヤホン以外では、充電中に音楽を聴けない

少なくともiPhone7以降に付属している純正イヤホンのままだと、充電口とイヤホンが1つになっていることから、充電中にイヤホンで音楽を聴くことができない状態です。

ただし、Bluetoothなどのワイヤレス接続イヤホン、充電も可能なイヤホン、もしくはワイヤレス充電器などを用いれば、充電と同時に音楽を楽しむことも可能です。

イヤホンジャックがなくなったiPhoneで音楽を聴く方法とは?

では音楽を聴くイヤホンは純正品でないといけないのかというと、純正品以外でも聞く方法はあります。

以下はその例です。

1.Lightningコネクタ専用イヤホン

iPhone7以降のLightningコネクタに対応したイヤホンです。

今までのイヤホンと同様に直接iPhoneに差し込んで使うことができます。

2 .Lightningコネクタ接続の変換アダプターを使用

Lightningケーブルと従来の3.5mm口径イヤホンジャックを変換してくれるものになります。

iPhone7以降であれば購入時に付属されておりますので、今まで使ってきたイヤホンも、これを使えばまたiPhone7以降でも使用することができます。

※2018年9月14日更新

iPhoneXS, XS MAX, XRが発表されました!

なんと純正のLightning-3.5mmイヤホンジャックコネクタは付属されないようです。

XS以降では別途購入が必要になるようです。

3.Bluetooth対応イヤホン

こちらは、イヤホンと本体をつなぐケーブルがありません。

そのため、充電を行いながら音楽を聴いたりすることも可能になります。

これらを使うことで、純正品でなくても、イヤホンジャックのないiPhoneでイヤホンを使用することができます。

高音質でおすすめのLightningイヤホン

HP-NEL11

低価格でコストパーフォーマンスに優れたLightningイヤホンです。

初めてのLightningイヤホンにピッタリです。

HP-NEL21

アルミハウジングを採用し、高級感があるLightningイヤホンです。

ラディウスが発売しているイヤホンの中でもロングセラーの定番のLightningイヤホンです。

HP-NX30L

ラディウス HP-NX30L 充電ポート付き FLW構造ドライバー Lightningイヤホン

FLW(Floating Lead Wire)構造ドライバー搭載の高音質モデル、ラディウスの楽曲再生アプリ「NePLAYER」を使用することでハイレゾ音源が再生可能になります。

またリモコンついている「App Switch」ボタンで「Apple Music」のlikeをつけることができます。

まとめ

iPhoneで有線イヤホンを接続するには、Lightning端子を3.5mmイヤホン「ヘッドホンジャックアダプタ」を購入するか。

用途にあわせてワイヤレスイヤホンか、Lightningコネクタに接続可能なイヤホンを購入するか、ご検討してみてはいかがでしょうか。

以下におすすめのLightningイヤホンの紹介をします。

皆さんぜひイヤホンを活用して快適なiPhoneライフを送りましょう。