Bluetoothイヤホンの選び方! 14のポイントを解説

2018.10.24

28.choose-bluetooth-earphone

 

Bluetoothイヤホンを選ぶ際には、数多くの比較ポイントがあります。ここでは14のポイントを挙げて、Bluetoothイヤホンの何をチェックするべきか、選び方について解説していきます。

 

Bluetoothイヤホンとは?

 

Bluetoothイヤホンはワイヤレスイヤホンの一種です。iPhone7からイヤホンジャックがなくなって以来、ケーブルが不要なBluetoothイヤホンの需要が急速に伸びてきました。

もちろんAndroidのスマートフォンでもBluetoothイヤホンを使用できますし、Apple watchでも同様です。

 

Bluetoothイヤホンのメリットは有線のイヤホンと違ってケーブルが絡まることがなく、断線の心配もないことです。また、ケーブルと服が擦れて発生するタッチノイズが気になることもありません。ただし、有線イヤホンでは必要なかった充電が必要になります。

 

 

Bluetoothイヤホンを選ぶ際の14のポイント

 

Bluetoothイヤホンはどのような点に注意して選べば良いのか、ポイント別に選び方を説明していきましょう。

 

1.音質で選ぶ

Bluetoothイヤホンは有線のイヤホンと比べて音質が良くないと思っている人もいるようです。しかし、Bluetoothには音声圧縮形式であるコーデック、電波の強さを示すClassといった要素があり、これらは音質の良し悪しを決める要因の一つになっています。高音質のBluetoothイヤホンを選ぶには、特にコーデックの種類に注意する必要があります。

 

現在主流の高音質なコーデックにはAACとapt-Xがあります。スマートフォンで使用する場合、AACは主にiPhoneで使用されていて、apt-Xは主にAndroidで使用されていることを覚えておきましょう。iPhoneはapt-Xには対応しておらず、apt-Xのイヤホンは使用することができません。送信側(スマホ側)、受信側の双方が同じコーデックに対応していなければなりませんので、注意が必要です。

 

その他にもSBCというコーデックもありますが、こちらはやや古い規格でそれほど音質が高いとは言えません。

また、ハイクラスな音質を求めるならLDACやapt -X HDといった高音質なコーデックもあります。その場合、音楽プレイヤーもLDACやapt -X HDに対応している必要があります。

 

2.ノイズキャンセリング機能で選ぶ

ノイズキャンセリングは周囲のノイズ(雑音)を低減させて音楽を聴きやすくする機能です。イヤホンから流れてくる音をクリアにする働きがあり、音に集中・没頭できます。特に電車などに乗っているときの持続的で低い音を低減するのに効果的で、反対に突発的な高い音などはそれほど効果が期待できません。そのため電車の中で音楽を聴く機会が多いような人にとって便利でしょう。

 

3.遮音性で選ぶ

イヤホンの構造による遮音性の高さにも着目しましょう。一般的に遮音性が高いのは耳の穴に差し込むタイプのカナル型イヤホンです。密閉性が高いので音が余さず伝わりやすく、周囲に対する音漏れも少なくなります。特に低音を重視する人はカナル型が適しています。

 

4.軽量かどうかで選ぶ

受信用部品やバッテリーケースなどが必要なため、有線イヤホンより重くなりがちなBluetoothイヤホンですが、軽量な作りを実現している製品もあります。軽量であるほど長時間装着していても疲れにくく、快適に使えます。

 

5.バッテリーの持続時間で選ぶ

バッテリー持続時間も気になるところです。仕様として記されている情報のうち「連続再生時間」をチェックしましょう。

 

6.充電する際のスピードで選ぶ

上記と同時、フル充電にどれくらいの時間がかかるかも要確認。仕様の「充電時間」をチェックしてください。

 

7.ケースで選ぶ

Bluetoothイヤホンを持ち運ぶためのケースも意外に重要なアイテムです。コンパクトで使いやすいサイズと形状かを確認してください。充電器としても使用できるチャージングケースも便利です。

 

8.付属品で選ぶ

付属品にも着目しましょう。ネックバンド型の場合はシャツなどの襟元にバッテリーケースを固定できるクリップが付属していることがあり、こうした小物のあるなしも使い勝手を左右します。

 

9.装着方法で選ぶ

ケーブルレスのBluetoothイヤホンですが、ケーブルが一切ない左右完全独立型、イヤホンが短いコードでつながっている左右一体型、首に固定するためのバンドが付いているネックバンド型、ヘッドホン型などがあります。使うシーンに合わせて好みのものを選ぶようにしましょう。

 

10.防水・防滴機能で選ぶ

ランニングなどのスポーツで使用する場合は防水・防滴機能を備えた製品が適しています。防水性能はJIS規格に則ってIPX1~IPX8の防水等級が決められており、ランニング用ならIPX4以上のものが安心です。

 

11.コントロールできる範囲で選ぶ

イヤホン本体に付いているリモコンは音楽の再生や停止だけでなく、機種によっては通話操作もできます。

 

どんな操作ができるかはプロファイルという規格で確認できます。「AVRCP」に対応していれば、再生・停止・スキップ・早送りなどのコントロールが、「HFP」対応なら通話(電話)の発信・着信時の通話開始などの通話操作も可能です。

 

 

12.デザインで選ぶ

見た目の良さももちろん重要。シンプルさ、機能美、カラーリングなど、好みに合った商品を比較検討してください。

 

 

13.デバイスとの接続のしやすさで選ぶ

スマートフォンや音楽プレイヤーとの接続のしやすさにも注目を。一度ペアリングすれば、デバイスのBluetoothがオンのとき自動的に接続する機能がある製品が便利です。

 

 

14.マルチペアリング、マルチポイント対応かどうかで選ぶ

マルチペアリングは複数の接続デバイスとのペアリングを記憶できる機能、マルチポイントとは複数の接続デバイスを同時に接続できる機能です。

 

例えばマルチポイント機能なら、デジタルオーディオプレイヤーで音楽を聴いているときにスマートフォンに着信があれば、音楽がフェードアウトしてイヤホンのリモコンで通話を開始でき、通話が終われば再びフェードインした音楽を聴き続けられるといった、2台同時の使い方もできます。

 

 

 

 

音質重視の方におすすめのBluetoothイヤホンはこちら

 

音質重視で選ぶならハイクラスのBluetoothイヤホンを。

 

▶︎高音質AAC、aptX対応でナチュラルなサウンドを実感できるBluetoothイヤホンはこちら

[HP-N300BT]

main2_hpn300bt

 

▶︎パワフルかつクリア、キレがある重低音再生ができるBluetoothイヤホンはこちら

[HP-G100BT]

g100BT

 

 

ランニングする方におすすめのBluetoothイヤホンはこちら

 

ランニングしながら使いたい防水仕様のBluetoothイヤホン。

 

▶︎伝送遅延や音質劣化の少ないBluetoothイヤホンはこちら

[HP-S100BT]

sub3_hps100bt

 

▶︎音質もよく、防水性能も高いBluetoothイヤホンはこちら

[HP-G100BT]

g100BT

 

 

Bluetoothイヤホンの選び方に関するチェックポイントは以上です。必要な機能、仕様、価格のバランスを考えて、購入対象となる製品を絞り込んでみてください。

利用規約
Copyright 2018 radius Co., Ltd. All rights reserved.